最近の投稿

費用を抑える

電子著名で合同会社設立の費用を抑える


合同会社設立をする理由は人によって様々ですが、やはり費用が安いことを理由に挙げられる方はたくさんおられます。株式会社設立をするのに比べると、費用はかなり安いですから、初期費用を抑えたいという人に好まれているようです。例えば、個人事業として何らかの収入を得ている人はたくさんおられるのですが、このような人が節税のために会社を作りたいと言うことはよくあります。会社を作るインセンティブの一つが節税なのです。

日本は個人よりも法人のほうが税制面で優遇されているという傾向があります。以前からそうだったのですが、最近になってこの傾向は加速しているようです。日本は資源のない国ですから、以前は輸出によって経済が成り立っていました。しかし、安価な労働力を提供する新興国諸国の影響で、輸出はかなり減ってきたと言えるでしょう。そのため、製造業に頼った産業口座負うから抜け出そうという政策がとられています。そのためには新しい産業の育成が必要とされていて、それが認識されたことによって、例えば法人税減税が検討されているくらいです。

このような状況で、企業を促進しようという政策もとられていて、補助金や助成金なども充実してきたと言えるでしょう。企業のハードルが下げることの一環として会社法が改正されて、そして合同会社設立は容易になったのです。合同会社設立を容易にすることに一つが電磁的な方法での書類提出なのですが、これによって設立コストを下げることができます。ただ、電磁的に処理するためには色々な機器をそろえて電子著名を取得しなければならないなどのデメリットはあるようです。

電子著名を取得するのにはコストがかかりますから、合同会社設立を専門的に行う業者なら導入できるのですが、個人では少し難しいと言えるでしょう。そのため、現実的に合同会社設立の費用を抑えるには、専門業者を利用するのが妥当だと考えられているのです。

専門業者を使うと、その分だけ費用は高くなりそうなものなのですが、自分で電磁的な申請をするよりも安くなると言うのが現状です。ですから、少しでも費用を抑えて合同会社設立をしようと思ったのであれば、専門業者に依頼するほうが良いと言えるでしょう。合同会社設立をした後には経営を行っていかなければなりませんから、そのための運転資金を少しでも多く残すためには、できるだけ設立費用を抑えるのが良いと考えられるために、このような方法をとるのが良いと考えられるのです。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014 合同会社の設立は自分でやるより代行に頼んだほうが安くなります All Rights Reserved.