副業として合同会社設立

副業として合同会社設立をする方法とは


副業を行うことは、今の時代には特に珍しいことではないでしょう。しかし、規模が大きくなってくると、個人として行っていると税金をたくさん納めなければなりませんから、節税対策のために合同会社設立を行いたいと考える人も多いのではないでしょうか。このようなことができるのかどうかというと、いくつかのハードルがあることは認識しておかなければなりません。

まず、法的な解釈についてですが、日本では一つの会社でしか働いてはいけないと定めたものは何もありませんから、ある会社で雇われながら合同会社設立をして、そこの代表社員となることは可能です。設立の手続きさえすれば、自分が代表社員になって合同会社設立をすることはできます。

その際にハードルとなるのが本業として働いている会社の就業規則です。大きな会社になれば、たいていは就業規則で副業を禁止しています。個人で何らかの所得を得ているくらいなら目をつぶってくれることが多いですが、合同会社設立をして代表社員になると、就業規則に違反する可能性があります。ですから、まず就業規則を確認する事は必要となってきます。

就業規則に違反していると見なされた場合には、何らかの処分が行われる事もあります。例えば減給処分になる事や、あるいは懲戒処分になる事もあり得ることだと言えるでしょう。ですから、会社とよく相談をする事は必要となってきます。

ばれないようにすることはできないのかというと、これも会社によって異なっていると言えるでしょう。そこそこの規模の会社なら、たいていは住民税を会社が代行して納めてくれます。この金額によってすぐにばれてしまうのです。二つの会社から給与をもらうと、確定申告を行わなければなりません。会社側が年末調整を行った後に確定申告を行わなければならないのですが、このときに所得が増えれば住民税は大きくなります。これが原因で会社にばれてしまうことは可能性の高いことだと考えられます。

ですから、会社に認めてもらうのが良い方法だと考えられます。会社に認めてもらって堂々と行うのが良いと考えられますが、それが無理なら、例えば家族の誰かを代表者として設立するのも良い方法だと言えるでしょう。もちろん、家族が信頼できるという前提ですが。

現実的に考えれば、個人事業として経営を続けながら、本業として働かなくても良い位にまで収入を伸ばし、会社を辞めてから合同会社設立をするのが良いと考えられます。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014 合同会社の設立は自分でやるより代行に頼んだほうが安くなります All Rights Reserved.