作成する必要書類

合同会社設立の時に作成する必要書類


合同会社設立のために必要なものとしては、まず登記申請書があります。これが最も重要な書類だと言えるでしょう。A4サイズの用紙にプリントアウトして作成するというのが一般的です。さまざまな必要書類の中では、これが本尊ともいえるでしょう。ほかの書類は、この書類の添付書類と考えることができます。次に、OCR用紙が必要となります。登記簿謄本に記載される事項がこれになりますから、これも非常に重要な書類だと言えるでしょう。

定款も必要となります。株式会社を設立するときには、定款を作成したのちに認証の手続きを受けなければなりません。これは株式会社にはいろいろな利害関係があるためだといえるでしょう。合同会社設立の場合には認証の手続きは必要ありません。合同会社設立の費用が安い理由の一つにもなっています。

定款を作成して提出をする時には、4万円分の収入印紙を貼りつけなければなりません。プリントアウトする形で作成した場合には必ず貼り付けなければなりませんが、電子定款を作成したときには4万円分は必要ありませんから、これによって安くすることはできるでしょう。ただ、電子定款を作成するためにはいろいろな機器が必要となりますから、業者に依頼したほうが良いと考えられます。

合同会社設立をする時には代表社員を決めることになりますが、この人の印鑑証明書を提出することも必要となります。これを忘れないようにしましょう。代表社員となる人の実印が必要になりますから、代表社員は実印として利用できるように印鑑登録を行っておくことも必要となります。実印を持っていない人は役所で手続きを行って、いつでも印鑑証明をとることができるようにしておかなければならないのです。

資本金についてですが、これを集めたということを証明するために払い込み証明書が必要となります。払い込み証明書自身は作成が大変なものではありませんが、通帳のコピーを添付しなければならないという点に注意しましょう。個人の口座に振り込まれたということを記帳して、その部分をコピーすることが必要となってきます。

合同会社設立をするためには、会社としての実印が必要となります。これは法務局に届けなければなりません。そのために、印鑑も必要となりますが、印鑑届出書を作成することも必要となります。これによって会社の実印を作成し、この実印で様々な契約を結ぶことになりますから、会社の印鑑の中では最も重要なものだと言えるでしょう。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014 合同会社の設立は自分でやるより代行に頼んだほうが安くなります All Rights Reserved.