OCR用紙と磁気ディスク

合同会社設立のOCR用紙と磁気ディスク


合同会社設立の時には登記申請をしなければなりません。登記すべき時効についてはOCR用申請用紙に記載するのが基本です。この用紙は法務局でもらうことができますが、販売しているものを利用しても良いですし、テンプレートでプリントアウトしても良いです。基本的にはワープロソフトなどを使って作成することが必要となります。枠内での文字ピッチの変更ができないことや、半角文字が使用できなことなどの制約があるということにも注意しておきましょう。

合同会社設立では、このようにしてプリントアウトするのはかなり面倒だと考える人も多いですが、いちいち作成しなくても電磁的なデータとして提出をすることもできます。法務局もコンピュータ化が進んでいますから、合同会社設立の様々な手続きをデータの転送で行うことができるようになっています。登記すべき時効についても、磁気ディスクで提出する事がdけいるようになったのです。

このようにして磁気ディスクなどで提出をした方が、合同会社設立の手続きとしては非常に簡単だと言えるでしょう。ただし、色リオナ制限があるということに注意しておかなければなりません。例えば、文字コードはシフトJISしか用いる事ができません。UnicodeやUTF-8などの形式で保存されている場合には無効となりますから注意が必要です。PC-AT互換機で見ることができるものだと考えれば分かりやすいでしょう。

ファイルについてはテキスト形式で保存することが必要となります。テキスト形式でシフトJISというと、特別なソフトウェアがなくても作成できる場合が多いでしょう。もっとも普及しているOSを搭載したパソコンなら、標準で付属しているソフトウェアを用いて作成することができます。テキスト形式ですから、拡張子は「.txt」にしなければならないという点にも注意しておきましょう。

OCR用紙に記入をして提出をするという方法をとる人もいますが、磁気ディスクなどで提出をする方が、作業としては楽です。ちなみに、磁気ディスクとしてはCD-Rを用いる事が多いようですが、フロッピーディスクやCD-ROMを利用する事もできます。フロッピーディスクを搭載しているパソコンは、最近ではほとんど販売されていません。CD-ROMを作成するのは少し大変でしょう。ですから、CD-Rで提出をするケースが増えてきていると考えられます。CD-Rなら一般的なパソコンで作成することができます。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014 合同会社の設立は自分でやるより代行に頼んだほうが安くなります All Rights Reserved.